women common complex

バストを取り戻す

乳房再建の色々な方法

女性の間で年々増え続けているといわれるガンが、乳がんです。乳がんは、20代や30代と若い女性の間で最もかかる可能性が高い癌といわれています。乳がんは早期発見すれば、完治することができる病気です。しかし、腫瘍を大きく除去した場合、バストを失うことになります。 バストがなくなってしまった悩みを抱える女性に最適なのが、乳房再建手術です。これは、文字通り、乳がんの手術によって失われたバストの形態を取り戻す施術です。乳房再建には、主に二通りの施術方法があります。そのひとつが、患者の皮膚・皮下脂肪・筋肉を移植する筋皮弁法です。 その他にも、乳房インプラント施術という治療もあります。これは、シリコン製の半球形の袋をバストに挿入することで乳房の形をつくります。どちらの方法を用いるかは、医師との相談で決定されます。

施術を受ける時の注意点

乳房再建施術を受ける時には、注意点があります。それは、乳房再建を担当する医師によって技術の差があるということです。なので、より良い施術を受けるには、きちんと腕のある医師を探す必要があります。 信頼できる医師が確認するには、まず形成外科の経験、実績があるかどうか確認することです。なかには、外科医が見よう見まねで乳房再建を行うケースが増えているからです。 その他にも、乳房再建施術を担当する医師に、再建に関する論文を見せてもらうのも良いです。多くの施術経験のある医師ならば、必ずたくさんの論文を書いているからです。まったく論文も書いていないという医師は、きちんと施術を行えるわけがありません。なので、施術をすることを断ったほうがいいです。